TRANSLATION SERVICE

【言葉のギャップを埋めるだけでなくカルチャーのギャップをどう埋めるか?】


日本の常識は世界の非常識といわれるようにその独特の文化思想により一時は世界のトップに躍り出まし た。しかしその独特の日本の常識は海外ビジネスではなかなか受け入れられません。そこでビジネスを前 進させるために日本文化を知るベトナム人通訳による調整が重要な役割を果たします。

【費用に対する効果を高める】


日本企業の海外取引では海外出張など1回の打合せに高額な経費が必要になります。日本企業とベトナム 企業が2時間から数日かけてお互いのビジネスの調整を行うに当たり効果を高めるのも低めるのも通訳の技量が占める割合はかなり高いといえます。

【翻訳通訳目的別レベル】


ツアーガイド・・・・・・顧客の要望はカルチャーのギャップを楽しむこと。日本語は日常会話レベルで可。問題が起きないようにする注意力と問題が起きた時に対応できる能力が必要。日本語は喋るが日本文化は知りません。


ビジネス通訳・・・・・・日本側とベトナム側の要求を70%以上伝える能力が必要。日本語2級レベル。専門用語などが分からない場合「意味を教えてください」と言えることが重要。


上級ビジネス通訳・・・・日本語1級レベル。改善や問題解決など日本側とベトナム側の考えのギャップを理解し伝える能力が必要。


交渉、契約通訳・・・・・日本側に立ちベトナム側との調整を行い少しでもこちらが有利(コスト・時間・内容)になるように調整するコーディネート能力を兼ね備えた通訳。このクラスの通訳はビジネス成立後、現地法人社長などに就くケースもある。